巨大な防禦設備

 それを、聞きのがさなかった高取は、苦笑を繰りかえしていた。(見えすいている!) 一時間十五分の後、命令された通りの巨大な防禦設備が出来上った。これなら、鬼でも来ろだ。 兵士たちは、くた/\になって宿舎へかえった。ドロまみれの手も、鼻も、頸も洗えなかった。水がなかった。昼食喇叭が鳴り渡る。向うの蛋粉工場からも、呼応して鳴り渡る。「支那ちゅうところは、まだ四月だのに、もう七月のような陽気だなあ。……ああ、弱った弱った、暑いし、腹はぺこぺこになりやがるし。……」 飯盒にわけられた、つめたい飯をかきこんだ。「どいつもこいつも、水筒が、みんなからっぽだな。――当番! おい、お湯はないんか? お湯はないんか?」 炊事当番はシャツの上に胸掛前垂をあてゝ、テンテコまいをしていた。完全な炊事道具が揃っていない。「お湯だよ! おい、お湯だよ!」「お湯どころか、米を洗う水さえなくって困っとるんだ。」「チェッ! 飯がツマってのどを通らねえぞ、おいらをくたばらす気か。」「くたばらすも、ヘッタくれもあったもんかい!」「チャンコロは、お湯を売ってるね。薬罐一杯、イガズル――。」 見て来た福井が話をした。「イガズルって、なんぼだい?」「そら、支那の一銭銅貨のようなやつ一ツさ、あれがイガズルだ。二厘五毛か、そこらだろう。」「お湯を売る――けちくさい商売があるもんだなア。」 訓練所出の、上品ぶりたい倉矢が仰山《ぎょうさん》げに笑った。

— posted by id at 09:05 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 4.2499 sec.

http://cdukweb.com/